富良野温泉 紫彩の湯 ふらのおんせん しさいのゆ 温泉地

北海道

敷地内で倉本聰氏脚本のTVドラマ「風のガーデン」のロケが行われた、「新富良野プリンスホテル」にも、平成20年(2008)に温泉施設が完成している。「富良野温泉 紫彩の湯」と名付けられた温泉は、地下1010mから湧出し、pH8.6のアルカリ性でなめらかな肌ざわり。内湯の外には、カラマツ林を見下ろす露天風呂もある。冬のスキーや夏のアウトドアライフの汗を流すのにも好適だ。宿泊者のほかにも、日帰り入浴も可能なので気軽に問い合わせたい。平成24年(2012)には、敷地内に倉本氏の富良野3部作ゆかりのものを展示・販売する「富良野・ドラマ館」も開設された。

基本情報

住所 北海道富良野市中御料
TEL 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
アクセス 公共交通:JR富良野駅から車で10分
車:道央道三笠ICから道道116号、国道452号、道道135号、国道38号経由60km
温泉固有情報 泉温:26.3℃
源泉:1
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:1
湯量:250リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

富良野温泉 紫彩の湯

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください