温湯温泉 ぬるゆおんせん 温泉地

青森県

開湯400年以上の古湯で、足をケガした鶴がここで傷を癒したことが始まりと伝わる。浅瀬石川河畔に湧く温泉は、湯冷めしにくいのが特徴。温泉の中心は、共同浴場の「鶴の名湯温湯温泉」で、ぬるめと熱めの2つの浴槽があり、早朝4時から22時まで長時間営業している(休業日有・要確認)。この周りに客舎とよばれる昔ながらの木造旅館が並び、旅館の外湯としても利用されている。おみやげには温湯こけしが有名だ。

基本情報

住所 青森県黒石市温湯温泉
TEL 0172-52-3488(黒石観光協会)
0172-54-8591(鶴の名湯温湯温泉)
アクセス 公共交通:弘南鉄道黒石駅から弘南バス虹の湖公園行きで25分、バス停:温湯温泉下車
車:東北道黒石ICから国道102号経由6km
温泉固有情報 泉温:52℃
源泉:1
泉質:塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、皮ふ病、胃腸病、婦人病など
宿泊施設数:6
日帰り温泉施設数:1
湯量:435リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

温湯温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください