下風呂温泉 しもふろおんせん 温泉地

青森県

室町時代から湯治場として知られる温泉地で、町のいたるところに温泉を引く宿泊施設が立つ。昭和33年(1958)に作家・井上靖がこの地で小説「海峡」を執筆し、発表したので有名になった。津軽海峡に面する宿も多く、海を見晴らす客室を持つ宿もある。11軒の宿泊施設が点在するほか、「大湯」「新湯」の共同浴場もあり、白濁して効能豊かな高温の硫黄泉を引いている。温泉街の中心地には漁港があるので、イカやウニ、アワビなど、新鮮な魚介が食膳にのぼるのも魅力。夏から秋にかけては、沖合いに幻想的な漁火を見ることもできる。

基本情報

住所 青森県下北郡風間浦村下風呂
TEL 0175-35-2010(風間浦村観光協会(商工会内))
アクセス 公共交通:JR下北駅から下北交通バス佐井行きで1時間10分、バス停:下風呂下車
車:青森道青森東ICから県道123号、国道4号・279号経由120km
温泉固有情報 泉温:源泉により異なる
源泉:4
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、動脈硬化症、切り傷、慢性皮ふ病、糖尿病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:11
日帰り温泉施設数:2
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

下風呂温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください