湯瀬温泉 ゆぜおんせん 温泉地

秋田県

肌荒れなどに効能が高い美肌の湯が楽しめる温泉。湯量豊富で、川の瀬からも湯が湧き出していることから「湯瀬」と名付けられた。石川啄木ゆかりの地としても知られ、青春時代に「青垣山を繞らせる 天さかる鹿角の国を忍ぶれば 涙し流る」という歌を詠んだことでも知られる。現在では、紅葉シーズンが特にすばらしい米代川の湯瀬渓谷に沿って、「湯瀬ホテル」や「和心の宿姫の湯」などの近代的な大型ホテルや、小ぢんまりとした旅館が点在している。十和田・八幡平観光の中継地に宿泊するのにも便利だ。

基本情報

住所 秋田県鹿角市八幡平湯瀬
TEL 0186-23-2019(十和田八幡平観光物産協会)
アクセス 公共交通:JR湯瀬温泉駅下車
車:東北道鹿角八幡平ICから国道282号経由10km
温泉固有情報 泉温:50~63.4℃
源泉:不明
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、痔疾、美肌など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:一部可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯瀬温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください