新安比温泉 しんあっぴおんせん 温泉地

岩手県

冬はスキーヤーで賑わいを見せる安比高原の北側にある「新安比温泉 静流閣」が一軒宿の温泉。国内では珍しい海水化石型強塩泉を引いており、赤茶色に濁った湯は身体が温まりやすいと定評がある。露天風呂付きの源泉大浴場元湯には金の湯、瀬戸内寂聴師命名の貸切風呂らくらく湯には銀の湯の、2つの異なる源泉がたたえられている。日帰り入浴も受け付けている(営業時間等要確認)。三陸の海産物や岩手牛、地場の山菜やキノコなどを使用した味覚も楽しみ。

基本情報

住所 岩手県八幡平市字叺田
TEL 0195-72-2110(新安比温泉 静流閣)
アクセス 公共交通:JR荒屋新町駅から車で5分
車:東北道安代ICから国道282号経由2km
温泉固有情報 泉温:32.4℃
源泉:2
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、慢性皮ふ病、切り傷、やけど、高血圧症、糖尿病、痛風、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:64リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

新安比温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください