厳美渓温泉 げんびけいおんせん 温泉地

岩手県

昭和62年(1987)、渓谷沿いの地下750mのところから湧出した温泉。いつくしの滝とも呼ばれた厳美渓の渓畔にあり、長い歳月をかけて造られた大自然の美しさを堪能できる温泉地だ。それぞれ自家源泉を持つ「いつくし園」(炭酸水素塩泉)と、「渓泉閣」(塩化物泉)の2軒の宿が、美しい厳美渓の中にとけ込むように立つ。世界遺産・平泉への観光の拠点に好適な温泉旅館だ。

基本情報

住所 岩手県一関市厳美町
TEL 0191-29-2101(いつくし園)
0191-29-2311(渓泉閣)
アクセス 公共交通:JR一ノ関駅から岩手県交通バス厳美渓行きで22分、バス停:渓泉閣前下車
車:東北道一関ICから国道342号経由6km
温泉固有情報 泉温:32~45℃
源泉:4
泉質:炭酸水素塩泉、ナトリウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:なし
湯量:60~100リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

厳美渓温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください