男鹿温泉 おがおんせん 温泉地

秋田県

日本海に突き出した男鹿半島の北側に位置し、7軒の宿泊施設がある男鹿温泉は、大同年間(806~810)に征夷大将軍・坂上田村麻呂の東征の際に発見されたと伝えられる。奇習・なまはげのふるさとであり、なまはげにまつわるイベントや観光スポットも多い。新鮮な魚介類が存分に食べられるのも魅力で、魚介類などを桶に入れ、その中に焼け石を投げ込んで瞬時に煮込むという豪快な名物料理・石焼きを出す宿もあり、ぜひ味わいたい。男鹿温泉郷湯めぐり(宿泊者限定)では、宿泊施設とあわせて3施設の温泉を満喫することができる。魔よけのなまはげ包丁が進呈される。

基本情報

住所 秋田県男鹿市北浦
TEL 0185-24-4700(男鹿市観光協会)
アクセス 公共交通:JR羽立駅から秋田中央交通バス男鹿北線で39分、バス停:男鹿温泉中央などで下車
車:秋田道昭和男鹿半島ICから国道101号、なまはげライン経由40km
温泉固有情報 泉温:57℃
源泉:7
泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、打ち身、慢性消化器病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:7
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

男鹿温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください