東鳴子温泉 ひがしなるこおんせん 温泉地

宮城県

鳴子温泉の東側、鳴子御殿湯駅周辺の田中、赤湯、鷲ノ巣と呼ばれ親しまれてきた地域の温泉の総称。藩政中期には仙台藩主や岩出山城主の御殿湯が置かれた。源泉数が50本もあり、11軒の宿すべてが重曹泉の源泉を持つので、「重曹泉の郷」を宣言している。他にも硫黄泉、塩化物泉、硫酸塩泉など、多彩な泉質の温泉が湧出する。四季を通じて利用される閑静な湯治場で、湯治プランや湯治部の客室を持つ宿もある。

基本情報

住所 宮城県大崎市鳴子温泉
TEL 0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)
アクセス 公共交通:JR鳴子御殿湯駅下車
車:東北道古川ICから国道47号経由28km
温泉固有情報 泉温:40~96℃
源泉:50
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、硫黄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、糖尿病、動脈硬化症、皮ふ病、切り傷、肝臓病、痔疾、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:11
日帰り温泉施設数:なし
湯量:約931リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

東鳴子温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください