鬼首温泉 おにこうべおんせん 温泉地

宮城県

宮城と秋田の県境、鳴子ダム北側の禿岳や荒雄岳などの麓に湧く温泉。近くに吹上、轟、宮沢などの一軒宿の温泉もあることから、鬼首温泉郷と呼ばれることもある。日帰り入浴施設は、吹上高原に「すぱ鬼首の湯」がある。春から夏にかけては、テニス、キャンプ、釣り堀、サイクリング、冬はオニコウベスキー場でのスキーなど、アウトドアスポーツが楽しめる。

基本情報

住所 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首
TEL 0229-83-3441 (鳴子温泉郷観光案内所)
アクセス 公共交通:JR鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線で20~40分、バス停:リゾートパークオニコウベなどで下車
車:東北道古川ICから国道47号・108号経由45km
温泉固有情報 泉温:29~98℃など
源泉:59
泉質:単純温泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、痔疾、美肌など
宿泊施設数:6
日帰り温泉施設数:1
湯量:約716リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鬼首温泉

鬼首高原のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください