作並温泉 さくなみおんせん 温泉地

宮城県

100万都市仙台からわずかな距離だが、深い森と清流に恵まれた別天地で、秋保温泉とともに仙台の奥座敷として親しまれてきた。今から約1300年前、行基上人が、奥州巡錫の際、渓流の響きと共に聞こえた仏法僧の鳴き声に誘われて渓流に下りたところ、勢いよく噴き出す温泉の湯気を発見したと伝えられている。温泉の歴史と同様に老舗の宿も多く、渓谷の眺めや渓谷に臨む露天風呂を名物にしている宿もある。6軒の宿泊施設が国道48号や広瀬川に沿うように立つ。山形県の山寺や蔵王観光のベースの宿泊地としても便利。

基本情報

住所 宮城県仙台市青葉区作並
TEL 022-395-2052(仙台市作並・定義地区観光案内所)
アクセス 公共交通:JR作並駅から仙台市営バス作並温泉行きで5分、バス停:作並温泉元湯などで下車
車:東北道仙台宮城ICから国道48号経由21km
温泉固有情報 泉温:38~70℃
源泉:11
泉質:単純温泉、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、皮ふ病、婦人病、痔疾、美肌ほか
宿泊施設数:6
日帰り温泉施設数:なし
湯量:1150リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

作並温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください