湯野浜温泉 ゆのはまおんせん 温泉地

山形県

白砂の庄内砂丘の南端に湧き、海のレジャーと温泉を同時に楽しめるとして人気。また、日本海に沈む落日の美しさにも定評がある。温泉の発見は天喜年間(1053~58)、漁師が亀の湯浴みを見つけたのが始まりといわれる。湯量が豊富で、かつてはかみのやま温泉、東山温泉と並ぶ奥羽三楽郷といわれ、歓楽的な温泉地であったが、今では海水浴や各種マリンスポーツを楽しむ客で賑わう。日本海に沿ってのびる国道112号線沿いに温泉を引く宿泊施設が19軒ほど立ち、客室や大浴場・露天風呂から、日本海を望めるのを売り物にする宿も多い。足湯や共同浴場もある。

基本情報

住所 山形県鶴岡市湯野浜
TEL 0235-75-2258(湯野浜温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR鶴岡駅から庄内交通バス湯野浜温泉行きで40分、バス停:終点下車
車:山形道鶴岡ICから国道7号・112号経由20km
温泉固有情報 泉温:55℃
源泉:2
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:19
日帰り温泉施設数:2
湯量:約1800リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯野浜温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください