塔之沢温泉 とうのさわおんせん 温泉地

神奈川県

箱根湯本温泉から少し山間に入った早川の渓谷沿いに、古きよき時代の面影を残した宿が立ち並ぶ。温泉は、弾晢上人によって慶長10年(1605)に発見されたと伝わる。温泉地としては江戸時代以降に開湯し、七湯の中では新しい温泉になる。弥次郎兵衛と喜多八で知られる、江戸時代の人気小説「東海道中膝栗毛」の中にも描かれており、島崎藤村をはじめ川端康成、夏目漱石など多くの文豪たちもこの地の湯を愛し、幾度となく訪れている。老舗宿「環翠楼」は、木造4階の風情ある建物で国の有形登録文化財に指定されている。皇女和宮終焉の地としても知られる宿だ。

基本情報

住所 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢
TEL 0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
アクセス 公共交通:箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根湯本温泉郷旅館組合バスCコース塔の沢行きで5分、各宿下車
車:東名高速厚木ICから小田原厚木道路、国道1号経由36km
温泉固有情報 泉温:38~63℃
源泉:9
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、痔疾など
宿泊施設数:9
日帰り温泉施設数:2
湯量:793リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

塔之沢温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください