宮ノ下温泉 みやのしたおんせん 温泉地

神奈川県

国道1号沿いに宿や骨董品店などのショップが立ち並ぶ、箱根を代表する温泉地。大きく発展し始めたのは幕末から明治にかけてだ。馬や椅子形の駕籠に乗って、横浜から箱根へ外国人が多く訪れ、リゾート地として大いに発展した。明治11年(1878)には、外国人専用ホテルとして「富士屋ホテル」が開業。現在でも、当時の面影を残す富士屋ホテルは、宮ノ下温泉だけではなく箱根温泉郷の宿のシンボル的存在。他にも全室露天風呂付きの人気旅館「箱根吟遊」など、全部で10軒以上の宿がある。宮ノ下の名は、熊野神社の下に開けた温泉だからともいわれている。

基本情報

住所 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下
TEL 0460-82-1311(箱根町宮ノ下観光案内所)
アクセス 公共交通:箱根登山鉄道宮ノ下駅下車
車:東名高速厚木ICから小田原厚木道路、国道1号経由41km
温泉固有情報 泉温:24~96℃
源泉:21
泉質:単純温泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、高血圧、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:13
日帰り温泉施設数:2
湯量:1999リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

宮ノ下温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください