別所温泉 べっしょおんせん 温泉地

長野県

日本武尊が東征の折に発見したと伝えられ、平安時代には七久里の湯とよばれ、真田幸村や木曽義仲なども訪れたという逸話も残る信州を代表する名湯。美人の湯といわれる硫黄泉で、女性からの人気も高い。外湯は、湯屋建築の「石湯」「大師湯」露天風呂もある「大湯」の3カ所でそれぞれが歴史ある浴場だ。「別所温泉あいそめの湯」も、平成20年(2008)にリニューアルされた。宿泊施設は14軒が点在する。周辺には鎌倉文化を今に伝える数多くの神社仏閣や旧跡が点在し、なかでも信州最古の禅寺・安楽寺に残る国宝の八角三重塔はぜひ訪れたい。厄除けの北向観音の参道には、みやげ店が並んでいる。

基本情報

住所 長野県上田市別所温泉
TEL 0268-38-3510(別所温泉観光協会)
アクセス 公共交通:上田電鉄別所温泉駅下車
車:上信越道上田菅平ICから国道144号・18号・143号、県道65号・177号経由16km
温泉固有情報 泉温:38.9~50.6℃
源泉:2
泉質:単純硫黄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、切り傷、糖尿病、痛風、痔疾など
宿泊施設数:14
日帰り温泉施設数:4
湯量:1100リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

別所温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください