磯部温泉 いそべおんせん 温泉地

群馬県

温泉記号の発祥地といわれ、江戸時代初期にはすでに幕府の地図に記号が記されていたという磯部温泉。奇峰妙義山を望む碓氷川沿いに温泉街が開けている。天明3年(1783)の浅間山の大噴火より湧出量が飛躍的に増えたという。平成8年(1996)に新源泉「恵みの湯」が掘削され、8軒の各宿で使われている。名物は鉱泉水で小麦粉を溶き、薄く焼いた磯部せんべい。民話「舌切雀」誕生の地といわれ、「舌切雀のお宿ホテル磯部ガーデン」や「雀のお宿磯部館」など、雀にちなむ宿名の旅館もある。

基本情報

住所 群馬県安中市磯部
TEL 027-382-1111(安中市観光課)
アクセス 公共交通:JR安中榛名駅から車で約15分。または信越本線磯部駅から徒歩5分
車:上信越道松井田妙義ICから国道18号経由8km
温泉固有情報 泉温:約50℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩強塩温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、慢性婦人病、痔疾など
宿泊施設数:8
日帰り温泉施設数:1
湯量:260リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

磯部温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください