川治温泉 かわじおんせん 温泉地

栃木県

鬼怒川温泉から鬼怒川を奥へ遡った、男鹿川との合流点付近に10軒程度の宿が温泉街を造っている。亨保8年(1723)に上流の五十里湖が決壊し洪水の被害に遭った時に、偶然発見されたという。以来、鬼怒川温泉の奥座敷として親しまれてきた。2つの川が出会う開けたところにあるので明るい雰囲気があり、川に面して露天風呂を設える宿も多い。平成21年(2009)にリニューアルした名物の共同浴場「川治温泉薬師の湯」は、温泉街のある男鹿川の対岸にあり、昔ながらの混浴露天風呂(冬期は平日休業)や、男女別の浴室、貸切風呂も設けられた。

基本情報

住所 栃木県日光市川治温泉
TEL 0288-22-1525(日光市観光協会)
アクセス 公共交通:野岩鉄道川治温泉駅下車。または川治湯元駅下車
車:日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由26km
温泉固有情報 泉温:36~50℃
源泉:4
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、冷え性、くじき、慢性消化器病、疲労回復、切り傷、やけど、痔疾、美肌など
宿泊施設数:11
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

川治温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ