奥日光湯元温泉 おくにっこうゆもとおんせん 温泉地

栃木県

延暦7年(788)、日光開山の祖・勝道上人が発見したと伝わる。周辺には、戦場ヶ原や小田代ヶ原、湯ノ湖畔などにハイキングコースが整備されており、ハイカーに人気の温泉地だ。湯ノ湖の北岸に、大小20数軒の旅館やホテルが立ち並び、温泉街を形成している。その北東には湯ノ平湿原が広がり、湯元源泉からは成分の濃い硫黄泉が湧出して、街全体がほのかに硫黄の香りに包まれている。湯元温泉寺は、勝道上人が薬師如来を祀ったのが始まりとされ、「薬師湯」は参拝者も有料で入浴可能。4月~12月中旬には、温泉街に足湯「あんよのゆ」が設けられる。

基本情報

住所 栃木県日光市湯元
TEL 0288-22-1525(日光市観光協会)
0288-62-2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合(火・水曜休))
アクセス 公共交通:JR日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで1時間25分、バス停:終点下車
車:日光宇都宮道路清滝ICから国道120号経由27km
温泉固有情報 泉温:50.5~78℃
源泉:20
泉質:単純硫黄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、高血圧症、切り傷、慢性皮ふ病、糖尿病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:24
日帰り温泉施設数:2
湯量:1816.6リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

奥日光湯元温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ