千倉温泉郷 ちくらおんせんきょう 温泉地

千葉県

南房総・千倉の周辺に湧出する温泉で、各宿とも房総の魚介類の料理を自慢にしている。敷地内より硫黄泉が湧く千倉温泉は、千葉県最古の温泉と伝えられ、源頼朝が愛馬の傷を癒したという伝説が残り、この湯は「千倉温泉千倉館」の大浴場にたたえられている。その後各宿がボーリングなどを行い、現在は千倉温泉、千倉海岸温泉、千倉元湯温泉、千倉海底温泉、千倉七浦温泉、しあわせ温泉、矢原温泉などを総称して千倉温泉郷という。千倉温泉以外の主な泉質は、塩分を含む塩化物冷鉱泉で、入浴すれば体がよく温まる。客室や浴室から海を望む宿泊施設もある。

基本情報

住所 千葉県南房総市千倉町
TEL 0470-44-3581(南房総市観光協会(温泉組合))
アクセス 公共交通:JR千倉駅下車
車:富津館山道路富浦ICから国道127号・128号、県道187号、国道410号経由17km
温泉固有情報 泉温:16~20℃など
源泉:7
泉質:硫黄泉、塩化物泉、温泉法上の温泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、婦人病、美肌など
宿泊施設数:7
日帰り温泉施設数:なし
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

千倉温泉郷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください