二ノ平温泉 にのたいらおんせん 温泉地

神奈川県

箱根登山鉄道の終点・強羅と小涌谷を結ぶ県道沿いにある温泉で、昭和38年(1963)に湧出して開湯した比較的新しい温泉地。温泉を引く企業の保養所が多く、地元の人に愛されている共同浴場の「亀の湯」もある。昭和46年(1971)に箱根彫刻の森美術館がオープンすると、箱根登山鉄道「二ノ平駅」が「彫刻の森駅」と改称。同美術館の裏手には、南朝時代(14世紀)、南朝最後の人といわれる新田義則を弔った新田塚もあり、歴史散策も楽しめる。

基本情報

住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平
TEL 0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
アクセス 公共交通:箱根登山鉄道彫刻の森駅下車
車:東名高速厚木ICから小田原厚木道路、国道1号経由48km
温泉固有情報 泉温:44~91℃
源泉:24
泉質:単純温泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、打ち身、皮ふ病、切り傷、痔疾、美肌など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:1
湯量:1528リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

二ノ平温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください