松代温泉 まつしろおんせん 温泉地

長野県

長野市の南部にある松代は、江戸時代には真田氏が治めた松代藩10万石の城下町として栄えた地。信州の小京都ともいわれる美しい町並みのはずれに温泉が湧出し、「国民宿舎松代荘」「信州松代ロイヤルホテル」の2軒の温泉を引く宿泊施設がある。温泉は鉄分を含む茶褐色のにごり湯が多量に湧出している。この湯は、武田信玄の隠し湯のひとつともいわれている。旧名の加賀井温泉の呼び名でも親しまれる、豊富な湯量に圧倒される日帰り入浴施設の「一陽館」も、松代温泉に含まれる。

基本情報

住所 長野県長野市松代町東条
TEL 026-290-6400(松代観光案内所)
026-223-6050(ながの観光コンベンションビューロー)
アクセス 公共交通:JR長野駅からアルピコ交通バス松代行きで35分、バス停:松代駅、車で2~5分
車:上信越道長野ICから国道403号経由2km
温泉固有情報 泉温:38.8~49.4℃
源泉:8
泉質:含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、ナトリウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、慢性婦人病など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:1
湯量:740リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

松代温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください