沓掛温泉 くつかけおんせん 温泉地

長野県

雨乞いの山・夫神岳の西麓に湧く静かな湯。平安時代、国司が眼病をこの湯で治し、薬師堂を建てて開湯したという。古くから美人の湯とされ、効能の高さから湯治客が絶えない。環境省指定の国民保養温泉地にも選ばれ、作家の田山花袋も愛した湯だ。新たに「満山荘」が加わり、「かどや旅館」「かなふや旅館」とともに3軒の宿が温泉街を形成している。共同浴場は、「小倉乃湯」がある。

基本情報

住所 長野県小県郡青木村沓掛
TEL 0268-49-0111(青木村産業観光係)
アクセス 公共交通:JR上田駅から千曲バス青木行きで29分、バス停:終点下車、車で5分
車:上信越道上田菅平ICから国道143号、県道12号経由18km
温泉固有情報 泉温:39℃など
源泉:2
泉質:アルカリ性単純温泉、単純硫黄泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、打ち身、高血圧、皮ふ病、胃腸病、美肌など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:1
湯量:303リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

沓掛温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください