毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

越後湯沢温泉 えちごゆざわおんせん 温泉地

新潟県

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」と始まる、川端康成の名作『雪国』の舞台として知られる温泉。鎌倉時代にはすでに温泉が湧いていたという歴史があり、さらに昭和以降、数回にわたって大規模な掘削が行われて現在の温泉街ができあがった。周辺は苗場山を中心にスキー場が整備され、首都圏から気軽に行けるスキーリゾートとして人気が高い。グリーンシーズンも温泉と花を楽しむハイキングがいい。公衆浴場も含めて個性的な立ち寄り湯が9カ所ある。「駒子の湯」など、5つの町営浴場で使える外湯めぐり券も販売されている。温泉旅館は15軒ほどで、近年リニューアルした宿も多い。

基本情報

住所 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
TEL 025-785-5353(越後湯沢温泉観光協会)
アクセス アクセス(公共交通):JR越後湯沢駅下車
アクセス(車):関越道湯沢ICから国道17号経由2km
温泉固有情報 泉温:40~77℃
源泉:7
泉質:弱アルカリ性単純温泉、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、単純硫黄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、痔疾など
宿泊施設数:60(温泉宿は15)
日帰り温泉施設数:9
足湯の数:
湯量:1870リットル/分
飲用:不可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

越後湯沢温泉

Sponsored

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ