氷見温泉郷 ひみおんせんきょう 温泉地

富山県

能登半島の玄関口で、富山県北西部にある20軒もの宿を擁する氷見温泉郷。ともに富山湾に面する阿尾の浦温泉や岩井戸温泉などから構成されている。1500年前の海水が温泉として湧出するので、塩辛いのが特徴。婦人病などに効果があり、「美人になる湯」とされる。晴れた日には、富山湾の向こうに立山連峰を望むことができる。氷見の美しい日の出は、「日本の朝日百選」にも認定されている。また、富山湾のなかでも氷見沖は格好の漁場で、特に冬に水揚げされる脂ののったひみ寒ブリは絶品。ほかにも春のイワシ、夏のマグロなど、年中おいしい魚介には事欠かない。とれたての海の幸を満喫しよう。

基本情報

住所 富山県氷見市阿尾・宇波・姿など
TEL 0766-74-5250((一社)氷見市観光協会)
アクセス 公共交通:JR氷見駅から車で5~25分
車:能越道氷見ICから国道415号・160号経由3~6km
温泉固有情報 泉温:55~60℃
源泉:13
泉質:ナトリウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:20
日帰り温泉施設数:2
湯量:源泉によって異なる
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

氷見温泉郷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください