粟津温泉 あわづおんせん 温泉地

石川県

奈良時代の養老2年(718)に発見された、北陸で最も古い歴史をもつ温泉。ほとんどの旅館で自家掘りの源泉を有するほど湯量が豊富。また、知る人ぞ知る美肌作りに効果の高い名湯としても人気がある。宿は、10軒ほどが平地に点在している。共同浴場の「粟津温泉総湯」もある。周辺には、古刹の那谷寺や伝統工芸村ゆのくにの森などの観光スポットもあるので、温泉とともに訪れたい。

基本情報

住所 石川県小松市粟津町
TEL 0761-65-1834(粟津温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR小松駅から小松バス粟津温泉行きで30分、バス停:終点下車
車:北陸道加賀ICから国道8号、県道11号経由15km
温泉固有情報 泉温:26~52℃
源泉:13
泉質:ナトリウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、打ち身、動脈硬化症、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:10
日帰り温泉施設数:1
湯量:源泉によって異なる
飲用:一部可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

粟津温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください