中宮温泉 ちゅうぐうおんせん 温泉地

石川県

開湯1300年余の歴史を誇る中宮温泉は、白山開山の祖である奈良時代の修験道の僧・泰澄大師が発見したと伝えられる。「胃腸の湯」として昔から親しまれてきた名湯で、入浴すれば肌がツルツルになり、飲泉効果も高い。最近は、白山白川郷ホワイトロードのドライブの途中に寄れるとあって、秘湯ファンやライダーにも人気が高い温泉だ。「にしやま旅館」「木戸旅館」「くろゆり荘」の3軒の宿泊施設がある。雪深い土地のため各宿とも冬期は休業する。

基本情報

住所 石川県白山市中宮
TEL 076-256-7219(にしやま旅館内、中宮温泉観光協会事務局)
アクセス 公共交通:JR金沢駅からバスで1時間30分、バス停:瀬女[せな]下車(宿泊者のみ・要予約)。またはJR小松駅からバスで40分、バス停:出合下車(宿泊者のみ・要予約)
車:北陸道小松ICから国道157号・360号、白山白川郷ホワイトロード経由45km。または白山ICから国道157号・360号、白山白川郷ホワイトロード45km
温泉固有情報 泉温:61℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、切り傷、やけど、皮ふ病、高血圧、痔疾、美肌など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:なし
湯量:130リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

中宮温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください