下諏訪温泉 しもすわおんせん 温泉地

長野県

諏訪大社下社の門前町として、中山道と甲州街道が合流する交通の要衝として栄えた宿場町の温泉。町内20カ所の源泉からは毎分5100リットルもの豊富な湯が湧く。温泉は一般家庭にも引かれているが、下社秋宮周辺を中心に約9カ所の共同浴場があり、名物となっている。共同浴場の多くは早朝から営業。クアハウス「遊泉ハウス児湯」、修業僧のために建てられた「旦過の湯」、昔ながらの銭湯「菅野温泉」など、それぞれに泉質も雰囲気も異なるので、湯巡りが楽しい。信州の食材を生かした料理自慢の小ぢんまりとした宿が多い。諏訪大社下社秋宮そばにある老舗和菓子店新鶴本店の塩羊羹も名物。

基本情報

住所 長野県諏訪郡下諏訪町立町
TEL 0266-26-2102(下諏訪観光協会)
アクセス 公共交通:JR下諏訪駅から徒歩10分
車:長野道岡谷ICから国道20号経由5km
温泉固有情報 泉温:42~59℃など
源泉:20
泉質:単純温泉、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、高血圧症、動脈硬化症、切り傷、慢性皮ふ病、婦人病など
宿泊施設数:18
日帰り温泉施設数:9
湯量:5100リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

下諏訪温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ