国領温泉 こくりょうおんせん 温泉地

兵庫県

古くは山之神湯と呼ばれた名湯。その風情や優れた効能は、「丹波志」に「国領長谷に霊泉あり諸病効験あらたか」と記されたほど。温泉場が新築された大正4年(1915)以降には、その効能が評判となり、数十軒の湯宿が立ち並ぶ温泉街は多くの湯治客で賑わいをみせた。一軒宿「国領温泉助七」だけになった現在でも、由緒ある源泉は守られ続けている。周辺を多紀連山に囲まれた宿にある露天風呂では、四季折々に姿を変える樹木の自然美を眺めながら、ゆっくりと湯に浸かれる。日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)。

基本情報

住所 兵庫県丹波市春日町国領
TEL 0795-75-0010(国領温泉助七)
アクセス 公共交通:JR黒井駅から神姫バス野瀬行きで10分、バス停:進修小学校前下車
車:舞鶴若狭道春日ICから国道175号、県道69号・138号経由5km
温泉固有情報 泉温:20℃
源泉:1
泉質:単純二酸化炭素冷鉱泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、高血圧、切り傷、やけど、動脈硬化症、痔疾など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:45リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

国領温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください