毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

湯村温泉 ゆむらおんせん 温泉地

兵庫県

湯村温泉は、1200年以上も前に天台宗第3世の座主、慈覚大師により発見されたという逸話が残る温泉。温泉街は、98℃の熱泉が湧き出す荒湯を中心に、春来川に沿って賑わいを見せ、ここを舞台にした吉永小百合主演のテレビドラマ『夢千代日記』で一躍脚光を浴びるようになった。街の人々が玉子や野菜などを温泉でゆでる姿や、川辺がライトアップされる情緒ある夜の風景などは、湯の町ならではの光景だ。春来川沿いには、「足湯」も設けられている。宿は大規模な温泉旅館から、湯治宿まで15軒がある。日帰り入浴施設は、プールもある「リフレッシュパークゆむら」、共同浴場の「薬師湯」などがある。

基本情報

住所 兵庫県美方郡新温泉町湯
TEL 0796-92-2000(湯村温泉観光協会)
アクセス アクセス(公共交通):JR浜坂駅から全但バス湯村温泉行きで25分、バス停:終点下車
アクセス(車):北近畿豊岡道八鹿氷ノ山ICから国道9号経由35km
温泉固有情報 泉温:98℃
源泉:63
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化症、切り傷、やけどなど
宿泊施設数:15
日帰り温泉施設数:2
足湯の数:
湯量:2000~3000リットル/分
飲用:可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯村温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ