木津温泉 きつおんせん 温泉地

京都府

周辺にのどかな田園風景が広がる木津温泉は、列車を降りると足湯があり、旅の情趣を感じることができる。歴史は古く、約1200年前に僧・行基が、シラサギが傷を癒しているのを見て発見したと伝わる。そのため別名しらさぎ温泉とも呼ばれ、古湯として名高く、湯はなめらかだ。作家・松本清張が滞在し、「Dの複合」という推理小説を書いた老舗宿の「丹後の湯宿ゑびすや」など、3軒の宿が温泉を引く。

基本情報

住所 京都府京丹後市網野町木津
TEL 0772-72-6070(京丹後市観光協会)
アクセス 公共交通:京都丹後鉄道夕日ケ浦木津温泉駅下車
車:山陰近畿自動車道京丹後大宮IC国道312号、府道17号、国道178号20km
温泉固有情報 泉温:35.4℃
源泉:2
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、五十肩、腰痛、皮ふ病、婦人病など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:なし
湯量:206リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

木津温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください