宮津温泉ピント湯 みやづおんせんぴんとゆ 温泉地

京都府

宮津温泉ピント湯は、平成13年(2001)に開湯した温泉。硫黄分を含む温泉を市内にある源泉から、各宿に配湯している。宿の大半は宮津市の中心部に位置し、江戸時代には北前船の寄港地として繁栄した城下町の風情を市内の随所で感じることができる。夏は丹後トリ貝、岩ガキ、海水浴、冬は松葉ガニ、寒ブリ、籠神社の初詣など、観光レジャーや海の幸も満喫できるとあり、家族連れにも人気が高い。珍しい温泉の名前は宮津節の歌から付けられた。「ピン」とは最高、元気などの意味合いが含まれている。現在7軒の宿で温泉を楽しむことができる。

基本情報

住所 京都府宮津市島崎・魚屋など
TEL 0772-22-8030(天橋立駅観光案内所)
0772-22-5550(宮津天橋立観光旅館協同組合)
アクセス 公共交通:京都丹後鉄道宮津駅下車
車:京都縦貫道宮津天橋立ICから府道9号、国道178号経由2km
温泉固有情報 泉温:16.6℃
源泉:1
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、糖尿病、高血圧、切り傷、やけど、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:7
日帰り温泉施設数:なし
湯量:20.7リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

宮津温泉ピント湯

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください