天見温泉 あまみおんせん 温泉地

大阪府

南北朝時代に開湯したと伝えられ、河内長野市内でも最古の温泉といわれる。高野街道沿いに湧出する効能豊かなラジウム泉は、かつては高野山詣に訪れた人々で賑わい、病弱に苦しむこの地の老若男女がこぞって入浴したことから別名・極楽風呂と呼ばれるようになった。周辺には金剛山系の山々が広がり、山間に天見川を望んで立つ一軒宿の「南天苑」で温泉浴を満喫できる。東京駅も手掛けた名建築家・辰野金吾設計の本館は、氏の数少ない和風建築作品である。国の有形登録文化財に指定されている名建築と、閑静な環境が心を和ませてくれる穴場的温泉地だ。源泉加温かけ流しの露天風呂付き離れも新設された。

基本情報

住所 大阪府河内長野市天見
TEL 0721-68-8081(南天苑)
アクセス 公共交通:南海天見駅から徒歩1分
車:南阪奈道路羽曳野ICから国道170号・371号経由17km
温泉固有情報 泉温:16.5℃
源泉:1
泉質:単純放射能泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、慢性消化器病、高血圧、切り傷、やけどなど
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:37.5リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

天見温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください