湯の峰温泉 ゆのみねおんせん 温泉地

和歌山県

平安の昔から熊野詣での湯垢離場(ゆごりば)として栄えた、日本最古ともいわれる古湯。その源泉のひとつが「湯筒」と呼ばれ、湯の温度は90℃ほど。温泉は成務天皇の時代に開湯したと伝えられ、市川猿之助のスーパー歌舞伎で有名になった小栗判官と照手姫の舞台であるつぼ湯(30分交代、貸切制)は、入浴できる温泉として世界遺産に登録され話題を呼んだ。温泉街は湯の谷川沿いにあり、湯けむりに包まれ温泉情緒を満喫できる。宿は「あづまや」など、老舗和風旅館から民宿まで幅広く揃う。地元客で賑わう「湯の峰温泉公衆浴場」もある。近辺の熊野古道や熊野本宮大社も訪れたい。

基本情報

住所 和歌山県田辺市本宮町湯峯
TEL 0735-42-0735(熊野本宮観光協会)
0735-42-0074(湯の峰温泉公衆浴場)
アクセス 公共交通:JR紀伊田辺駅から龍神バス発心門王子行きで1時間30分、バス停:湯峰温泉下車
車:阪和道上富田ICから国道42号・311号経由50km
温泉固有情報 泉温:70.8℃
源泉:12
泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、糖尿病、切り傷、やけど、痔疾、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:14
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯の峰温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください