出雲湯村温泉 いずもゆむらおんせん 温泉地

島根県

ヤマタノオロチ伝説で有名な斐伊川中流の山間に湧く温泉。「出雲風土記」の時代より薬湯として親しまれた古湯で、今なお変わらぬ湯が湧き続けている。温泉は肌にやさしいアルカリ性の泉質。斐伊川沿いに「国民宿舎清嵐荘」と「湯乃上館」の2館の宿がある。なお、「国民宿舎清嵐荘」は令和元年(2019)秋のリニューアルオープンに向けて建て替え工事を行っており、工事完了後から利用が可能となる。「湯乃上館」の館内には浴場がないが、向かい側の共同浴場「公衆浴場 元湯 漆仁の湯」が利用できる。「漆仁の湯」には、斐伊川に面する風情ある浴室と露天風呂があり、足湯や日帰り入浴も可能。春は桜、夏はカジカ、秋は紅葉、冬は雪景色と豊かな自然も堪能できる。

基本情報

住所 島根県雲南市木次町湯村
TEL 0854-42-9770(雲南市観光協会)
アクセス 公共交通:JR木次駅から雲南市民バス北原線で20分、バス停:湯村温泉下車
車:松江道三刀屋木次ICから国道314号経由12km
温泉固有情報 泉温:42℃など
源泉:2
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、ストレス、胃腸病、皮ふ病、切り傷、やけど、あせも、婦人病、美肌など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

出雲湯村温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください