湯ノ浦温泉 ゆのうらおんせん 温泉地

愛媛県

白砂青松の桜井海岸や伊予国分寺などにほど近い場所に湧出する温泉。ラドンを含んだ湯は神経痛などに効能を示し、泉質のよさから平成6年(1994)に四国初の国民保養温泉地に指定された。宿はリゾートホテルの「ホテルアジュール汐の丸」、全室瀬戸内海を望む「今治湯ノ浦ハイツ」、南仏プロバンス風の「ケーオーホテル」などの宿がある。日帰り入浴施設は「クアハウス今治」や「四季の湯ビア工房」がある。

基本情報

住所 愛媛県今治市湯ノ浦
TEL 0898-36-1118(今治地方観光情報センター)
アクセス 公共交通:JR今治駅からせとうちバス小松総合支所前行きで25分、バス停:湯ノ浦温泉入口下車
車:今治小松道今治湯ノ浦ICから国道196号経由1km
温泉固有情報 泉温:13.6℃
源泉:3
泉質:単純弱放射能冷鉱泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、痛風、動脈硬化症、胆のう症、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:2
湯量:780リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯ノ浦温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください