筌の口温泉 うけのくちおんせん 温泉地

大分県

久住山北麓に広がる飯田高原の北端に湧く山の中の温泉で、明治35年(1902)創業の「旅館新清館」が一軒宿。宿は鳴子川の渓谷に面し、黄褐色の温泉は、神経痛、胃腸病、冷え性などに効果があるといわれる。野趣あふれる広々とした混浴露天風呂「こぶしの湯」も気持ちよい。他に女性専用露天風呂「かえでの湯」、男女別の内湯もある。肌がなめらかになる炭酸水素塩泉の温泉を源泉かけ流しにしている。日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)。近くに共同浴場の「筌の口共同温泉」もある。周辺には紅葉の名所・九酔渓や、高さ日本一の「九重“夢“大吊橋」などの観光スポットも点在する。

基本情報

住所 大分県玖珠郡九重町大字田野
TEL 0973-79-2131(旅館新清館)
0973-73-3800(筌の口共同温泉(九重”夢”大吊橋観光案内所))
アクセス 公共交通:JR豊後中村駅から九重町コミュニティバス九重縦断線で25分、バス停:筌の口下車、徒歩5分
車:大分道九重ICから国道210号、県道40号経由12km
温泉固有情報 泉温:43℃
源泉:3
泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、胃腸病、痛風など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:1
湯量:500リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

筌の口温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください