平山温泉 ひらやまおんせん 温泉地

熊本県

“山鹿の奧座敷”ともよばれる温泉地。1200年前に皮ふ病の流行に悩む村人たちが大明神に祈りを捧げたところ、温泉が湧き、その湯に浸かると皮ふ病がよくなったという伝説が残る。また、加藤清正があせもを治したとも伝えられる。硫黄分があり、美溶液に浸かったような肌ざわりが特徴の湯は、入浴後、肌がしっとりする「美肌の湯」と女性に人気。ここ数年で、貸切風呂を設けるなど、宿のオープンやリニューアルが続き、九州でも屈指の温泉地になった。貸切風呂やエステを併設した日帰り入浴施設や、早朝から気軽に立ち寄れる宿や日帰り温泉もあり、高級からリーズナブルまで使い方に合わせて様々に対応できることも人気の理由だ。

基本情報

住所 熊本県山鹿市平山
TEL 0968-44-0522(平山温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR玉名駅から九州産交バス山鹿温泉行きで60分の山鹿バスセンターで平山温泉経由南関上町行きに乗換え10分、バス停:平山温泉前などで下車
車:九州道南関ICから県道10号・4号・195号経由13km
温泉固有情報 泉温:40~60℃
源泉:30
泉質:アルカリ性単純硫黄泉など
効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、切り傷、アトピー、皮ふ病、慢性消化器病、糖尿病、痔疾、婦人病、美肌など
宿泊施設数:15
日帰り温泉施設数:9
湯量:不明
飲用:施設により異なる

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

平山温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください