日奈久温泉 ひなぐおんせん 温泉地

熊本県

約600年前、浜田六郎が父の刀傷を癒そうと神に祈り、お告げによって温泉を発見したという。江戸時代には肥後細川藩の藩営温泉として栄えた由緒ある温泉地で、歴史の重みを感じさせる建物が立ち並ぶ。応永26年(1419)創建の高台の温泉神社からは温泉街と不知火海を隔てて、天草・島原の島々が一望できる。温泉街のシンボル「憩いの広場」には、昭和5年(1930)にこの温泉地を訪れた種田山頭火の石碑や足湯、からくり時計がある。宿泊施設は、国の登録有形文化財に指定されている木造3階建ての宿「金波楼」など、14軒が点在する。入浴のみを受け付けている宿も多い。

基本情報

住所 熊本県八代市日奈久
TEL 0965-33-4115(八代市観光振興課)
0965-38-0267(日奈久温泉観光案内所)
アクセス 公共交通:肥薩おれんじ鉄道日奈久温泉駅から徒歩10~15分
車:南九州道日奈久ICから国道3号経由1km
温泉固有情報 泉温:39~49℃
源泉:16
泉質:アルカリ性単純温泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、切り傷、美肌など
宿泊施設数:14
日帰り温泉施設数:4
湯量:70~190リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

日奈久温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください