湯の鶴温泉 ゆのつるおんせん 温泉地

熊本県

水俣市の南西、鹿児島県との県境近くの湯出川沿いに湧く、国民保養温泉地にも指定されている落ち着いた温泉。歴史は古く、700年前に平家の落人が、鶴が湯浴みをするのを見て発見したと伝わる。41~59℃の肌がつるつるするなめらかな温泉が湧出し、湯治客の利用が多い。日帰り入浴施設は、「湯の鶴温泉センターほたるの湯」がある。4軒ほどある宿泊施設も時間により、日帰り入浴が可能だ。

基本情報

住所 熊本県水俣市湯出
TEL 0966-63-2079((一社)みなまた観光物産協会)
アクセス 公共交通:肥薩おれんじ鉄道水俣駅からみなくるバス湯の鶴温泉行きで25分、バス停:湯の鶴温泉センター前下車
車:南九州道水俣ICから国道3号、県道117号10km
温泉固有情報 泉温:41~59℃
源泉:12
泉質:アルカリ性単純温泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、慢性消化器病、高血圧症、切り傷、やけど、皮ふ病、婦人病、美肌など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:2
湯量:施設によって異なる
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯の鶴温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください