毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

武雄温泉 たけおおんせん 温泉地

佐賀県

1300年前の『肥前国風土記』にもその名が登場する武雄温泉。神功皇后や宮本武蔵、シーボルトが立ち寄ったという記録も残っている。朱色の温泉楼門は、佐賀県出身で東京駅も手がけた辰野金吾博士の設計によるもの。大正4年(1915)に建てられ、2005年に国の重要文化財に指定された。毎週日曜には近くで楼門朝市も行われる。楼門の向こうには明治9年(1876)建築の大衆浴場があり、レトロな雰囲気が漂う。武雄温泉新館も、辰野博士設計当時のままに復原され、資料館として開館している。湯は柔らかな湯ざわりで美肌をつくる泉質としても有名。宿泊施設は20数軒が温泉街と保養村(郊外)に点在する。

基本情報

住所 佐賀県武雄市武雄町
TEL 0954-23-7766(武雄市観光協会)
アクセス アクセス(公共交通):JR武雄温泉駅下車
アクセス(車):長崎道武雄北方ICから国道34号経由5km
温泉固有情報 泉温:51℃
源泉:13
泉質:単純温泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進、五十肩、冷え性、胃腸病、打ち身、痔疾、美肌など
宿泊施設数:21
日帰り温泉施設数:2
足湯の数:
湯量:360リットル/分
飲用:不可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

武雄温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ