宮崎リゾート温泉たまゆらの湯 みやざきりぞーとおんせんたまゆらのゆ 温泉地

宮崎県

宮崎市街地の中心部、大淀川河畔に湧出した温泉。この地が川端康成の小説「たまゆら」の舞台になったことから、温泉名も名付けられた。ナトリウムが多く含まれていて、美肌になると評判が高い。「宮崎観光ホテル」「ホテル金住」の2軒のホテルが温泉を引く。各宿とも時間によって日帰り入浴も可能だ。ホテル金住の裏手の住宅街には、「たまゆらの湯足湯」も設けられた。

基本情報

住所 宮崎県宮崎市松山・吾妻町など
TEL 0985-61-9605(宮崎市大淀河畔温泉協同組合)
0985-20-8658(宮崎市観光協会)
アクセス 公共交通:JR宮崎駅下車
車:宮崎道宮崎ICから国道220号経由5km
温泉固有情報 泉温:43℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、慢性皮ふ病、切り傷、やけど、痔疾、美肌、慢性婦人病など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:なし
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

宮崎リゾート温泉たまゆらの湯

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください