霧島神宮温泉郷 きりしまじんぐうおんせんきょう 温泉地

鹿児島県

神話のふるさと霧島神宮周辺に広がる温泉街。一帯は天孫降臨伝説にまつわる霧島連山のふところだけに、神秘的な雰囲気が漂う。霧島市観光案内所敷地内には足湯も設けられている。また、日本初の国立公園に指定された地域であり、高千穂峰は岩崎元郎氏が選んだ新日本百名山の一つだ(入山規制等要確認)。山麓には宿泊施設が点在し、いずれも霧島神宮に近いので観光には便利。大型リゾートあり、料亭旅館あり、昔ながらの温泉旅館ありとタイプは色々だ。森林浴を満喫しながら入浴できる露天風呂がある宿や、桜島を遠望しながら湯につかれる露天風呂を持つ宿などもあるので、宿選びの参考にしたい。日帰り入浴を受け付けている宿も多い。

基本情報

住所 鹿児島県霧島市霧島田口
TEL 0995-57-1588(霧島市観光案内所)
アクセス 公共交通:JR霧島神宮駅から鹿児島交通バス霧島いわさきホテル行きで15分、バス停:霧島神宮前下車
車:九州道溝辺鹿児島空港ICから国道504号・223号、県道60号経由25km
温泉固有情報 泉温:61℃ほか
源泉:不明
泉質:単純硫黄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、切り傷、糖尿病、高血圧、肝臓病、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:不明
日帰り温泉施設数:不明
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

霧島神宮温泉郷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください