住之江泉の湯(スパスミノエ) すみのえいずみのゆ(すぱすみのえ) 温泉地

大阪府

大阪市住之江区にある日帰り入浴施設「天然露天温泉 スパスミノエ」に引かれている温泉。地下700mから湧出する湯は、およそ1億年前、大阪台地が形成された頃の地下水が長い時間の中で熟成されたものという。泉質は弱アルカリ性で肌にやさしい。露天風呂が自慢で、約230坪の広いスペースに約300本もの植栽をし、大阪の街中に森に囲まれた温泉を実現している。四季の移ろいを感じられる「森のつぼ湯」と、幻想的な世界が広がる「竹林の湯」の2つの湯を男女週替わりにしている。マッサージバスやサウナなど、他の温浴施設も充実している。食事処や各種ボディケア施設も併設。

基本情報

住所 大阪府大阪市住之江区泉
TEL 06-6685-1126(天然露天温泉 スパスミノエ)
アクセス 公共交通:大阪メトロ住之江公園駅から徒歩3分
車:阪神高速玉出出入口から府道5号・29号経由3km
温泉固有情報 泉温:35.1℃
源泉:1
泉質:弱アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、運動麻痺、打ち身、慢性消化器病など
宿泊施設数:なし
日帰り温泉施設数:1
湯量:480リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

住之江泉の湯(スパスミノエ)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください