福山城(松前城) ふくやまじょう(まつまえじょう) スポット

北海道 歴史的建造物
女子おすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

初代松前藩主である松前慶廣が築造した福山館を前身とし、外国船打払いのため、海に面した三ノ丸に7基の台場を設けて安政元年(1854)に完成した最北の日本式城郭。昭和16年(1941)に木造天守が国宝に指定されたが、その8年後、飛び火により焼失。町民の願いで昭和35年(1960)に鉄筋コンクリート製の復興天守が竣工した。国指定重要文化財の本丸御門や、復元整備された天神坂門・搦手二ノ門・七番台場などの遺構が歴史を物語っている。復興天守の内部は松前城資料館となっており、複製縄張り図や、北前船関連資料などが展示され、当時の歴史を知ることができる。所要40分。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 北海道松前郡松前町松城144
TEL 0139-42-2216(松前城資料館)
営業時間 9~17時(入館は~16時30分)
定休日 期間中無休(12月11日~4月9日は休館)
料金 入館360円
アクセス 公共交通:JR木古内駅→函館バス松前出張所行きで1時間30分、バス停:松城下車、徒歩6分
車:函館江差道北斗茂辺地ICから国道228号経由76km1時間30分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

福山城(松前城)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください