相原求一朗美術館 あいはらきゅういちろうびじゅつかん スポット

北海道 美術館・ギャラリー
雨でもOK

中札内美術村の施設。相原求一朗画伯が、深田久弥著『日本百名山』をもとに、十勝岳やトムラウシ山など道内の名峰を描いた「北の十名山」のほか、フランスを中心にヨーロッパの風景を描いた作品を展示する。建物は、帯広市内で最も古い銭湯だった帯広湯を移築し、再利用したもの。所要30分。

基本情報

住所 北海道河西郡中札内村栄東5線
TEL 0155-68-3003(中札内美術村)
営業時間 10~17時(9月下旬~は~16時)
定休日 無休(10月中旬~4月下旬は休業)
料金 入館800円(2館+美術館庭園の3施設共通)
アクセス 公共交通:JR帯広駅→十勝バス更別経由大樹・広尾行きで47分、バス停:中札内美術村前下車、徒歩すぐ
車:北海道帯広空港から国道236号経由15km
駐車場 あり/120台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

相原求一朗美術館

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください