忠類ナウマン象記念館 ちゅうるいなうまんぞうきねんかん スポット

北海道 記念館
ちょっと立ち寄り キッズおすすめ 雨でもOK

国道236号沿いにある道の駅・忠類に隣接。昭和44年(1969)、農道の工事中に作業員が偶然、発見したナウマン象の化石発掘を記念して建てられた。全長4.3mのナウマン象の復元骨格標本をはじめ、貴重な資料を画像や標本、パネルなどで解説するほか、太古からの日本列島の生い立ちなども紹介している。所要30分。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 北海道中川郡幕別町忠類白銀町383-1
TEL 01558-8-2826
営業時間 9~17時
定休日 火曜(祝日の場合は翌日、8月は開館)
料金 一般300円、小・中学生200円
アクセス 公共交通:JR帯広駅→十勝バス更別経由大樹・広尾行きで1時間15分、バス停:ナウマン象記念館前下車、徒歩すぐ
車:帯広広尾道忠類ICから国道236号経由0.5km1分
駐車場 あり/150台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

忠類ナウマン象記念館

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください