雲祥寺 うんしょうじ スポット

青森県 社寺・教会

慶長元年(1596)開祖。太宰治が幼いころ子守りに連れられて遊んだ場所で、作品『思ひ出』の中に登場する十王曼陀羅(地獄絵)、後生車がある。団体希望者には5000円で解説もしてくれる。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 青森県五所川原市金木町朝日山433
TEL 0173-53-2074
営業時間 8~16時
定休日 無休
料金 境内自由
アクセス 公共交通:津軽鉄道金木駅→徒歩8分
車:東北道浪岡ICから国道339号経由40分
駐車場 あり/10台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

雲祥寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください