成島和紙工芸館 なるしまわしこうげいかん スポット

岩手県 博物館・科学館・資料館/陶芸・手工芸体験
キッズおすすめ 女子おすすめ ペットおすすめ 雨でもOK

成島和紙の伝統の技法を紹介する施設。寛文元年(1661)以前に始まったという成島和紙は、南部藩の御用紙として使われていた。工程は、写真やパネル展示などで解説している。明治中期までは120軒の農家が厳冬期に手作業で作っていたが、現在は1軒のみとなった貴重な工芸だ。大量生産の紙にはない温かみがあり、現在は主に書道用紙、便箋、はがき、クラフト用などに使われている。紙漉き体験(料金:1000円。所要60分)でオリジナル和紙を作ることができる。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 岩手県花巻市東和町北成島5区202
TEL 0198-42-3948
営業時間 10時~16時30分
定休日 月曜
料金 入館無料
アクセス 公共交通:JR土沢駅→車10分
車:釜石道東和ICから国道283号経由4km5分
駐車場 あり/40台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

成島和紙工芸館

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください