観自在王院跡 かんじざいおういんあと スポット

岩手県 遺跡・史跡・城址
ちょっと立ち寄り 歴史好きおすすめ

藤原基衡[もとひら]の妻が建立した寺院跡。境域は東西120m、南北約180mで西域に土塁の一部が残る。浄土庭園には大・小の阿弥陀堂が建っていた。現在ではその跡に発掘に基づいて舞鶴ケ池が復元され、史跡公園として整備されており、憩い場として親しまれている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山地内
TEL 0191-46-4012(平泉文化遺産センター)
営業時間 見学自由
定休日 無休
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR平泉駅→徒歩10分
車:東北道平泉前沢ICから国道4号経由4km10分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

観自在王院跡

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください