若松寺(若松観音) じゃくしょうじ(わかまつかんのん) スポット

山形県 社寺・教会
女子おすすめ 歴史好きおすすめ

和銅元年(708)、行基菩薩創建の古刹。貞観2年(860)、慈覚大師が現在地に移した。正式名は、鈴立山若松寺。入母屋単層造銅板葺きの観音堂に安置されている金銅聖観音像懸仏は、観音堂とともに国の重要文化財に指定。昔から縁結びの観音として親しまれ、西の出雲大社、東の若松観音として有名だ。めでためでたの若松さまと、花笠音頭でも歌われている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 山形県天童市山元2205-1
TEL 023-653-4138
営業時間 7~17時(10~3月は8~16時)
定休日 無休
料金 境内無料
アクセス 公共交通:JR天童駅→車15分
車:山形道山形北ICから国道13号経由15km20分
駐車場 あり/40台
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

若松寺(若松観音)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください