天鏡閣 てんきょうかく スポット

福島県 歴史的建造物
女子おすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

明治41年(1908)、長浜を見下ろす小高い丘に宮家の別荘として建てられたルネッサンス風の洋館。大正天皇がご滞在の折に中国の詩人・李白の「明湖落天鏡[めいこはてんきょうをおとして]」の詩句から名づけられた。入口の上のバルコニー、大理石のマントルピース、豪華なシャンデリア、蒔絵の家具などの品々が見られ、建物は国の重要文化財となっている。所要30分。徒歩20分の所に、大正11年(1922)に建てられた福島県迎賓館(重要文化財)もあり、庭園が見られる。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 福島県耶麻郡猪苗代町翁沢字御殿山1048
TEL 0242-65-2811
営業時間 9時~16時30分(5~10月は8時30分~17時)
定休日 無休
料金 入館360円
アクセス 公共交通:JR猪苗代駅→磐梯東都バス長浜・金の橋行きで12分、バス停:長浜下車、徒歩8分
車:磐越道猪苗代磐梯高原ICから国道49号経由7km10分
駐車場 あり/43台
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

天鏡閣

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください